Azure VM(Windows Server)にディスクを追加する

 

Winodws Server 2016のAzure VMにディスク(Managed Disk)を追加をしてみました。

実施した手順は以下の通りになります。

      • Azure Portalでディスク(Managed Disk)を新規作成
      • Azure PortalでVMへディスクを追加
      • Windows Server 2016上でディスク追加

.Azure Portalでディスク(Managed Disk)を新規作成

まず最初にAzure Portalを使って追加用のディスク(Managed Disk)の新規作成します。

今回は以下の条件で追加します。

      • ディスク設定内容
        • 容量:128GB
        • 種類:Standard HDD

1)Azure Portalでディスクのメニューを選択します。追加を選択します。

2)マネージドディスクの作成画面が表示されるので、リソースグループやディスク名等を設定します。

サイズにあるサイズを変更しますをクリックします。

3)ディスクサイズを選択します。

今回は記憶域の種類はStandard HDD、サイズは128GBを設定します。

4)暗号化のタブが表示されますので、そのまま次へをクリックします。

5)詳細のタブが表示されますので、そのまま次へをクリックします。

6)ネットワークのタブが表示されますので、そのまま次へをクリックします。

7)タグのタブが表示されます。設定しない場合はそのまま次へをクリックします。

 

確認画面が表示されるので、問題が無ければ作成をクリックします。これでディスク(Managed Disk)作成は完了です。

.Azure VMへディスクを追加する

Auzre VMへ作成したディスク(Managed Disk)を追加します。

1)仮想マシンのメニューでディスクを選択します。データディスクにある既存のディスクのアタッチを選択します。

2)ディスクの行が表示されます。ディスク名に作成したディスク(Managed Disk)を選択します。

 

3)保存をクリックします。

これでAzure VMへのデータディスク(Managed Disk)追加作業完了です。

.Windows Server 2016上でディスクを追加する

次にWindows OS上でディスク追加します。

1)コントロールパネルでシステムとセキュリティを選択します。

2)管理ツールのハードディスクパーティションの作成とフォーマットを選択します。

3)ディスクの初期化画面が表示されますので、OKをクリック選択します。

4)ディスクの管理画面が表示されます。追加したディスクがディスク2に表示されています。領域の部分で右クリックするとメッセージが表示されるので、新しいシンプルボリュームの作成を選択します。

5)新しいシンプルボリュームウィザードが表示されますので、次へを選択し開始します。

6)ボリュームとサイズの指定が表示されるので、そのまま次へをクリックします。(容量を変更する場合はサイズを変更します。)

7)ドライブ文字またはパスの割り当てが表示されるので、そのまま次へをクリックします。(ドライブ文字を変更する場合は適時指定します。)

8)パーティションのフォーマット画面が表示されますので、特に指定が無ければそのまま次へクリックします。

9)確認画面が表示されますので、完了をクリックします。

フォーマットが開始されます。

10)フォーマットが終了すると、ボリュームE:128GB 正常と表示されます。

これでOS上でのディスク追加作業は完了です。

最後にエクスプローラーで実際に確認してみます。ボリュームEが表示される事が確認出来ます。

 

これでディスク追加作業は完了です。