WWWなしからWWW付きURLへのリダイレクトをAzure Front Door+Azure DNSでやってみた

 

WWW無しURL(xxxx.com)からWWW付URL(www.xxxx.com)へのリダイレクトをAzure Front DoorとAzure DNSの組み合わせで試してみました。xxxxの部分は自分の環境に合わせて読み替えてください。

Azure DNSでAzure Front Dooorのエイリアス登録、Azure Froot Doorでリダイレクトさせる事によりWWW無しURLからWWW付URLへリダイレクトさせています。

今回の検証で実施した作業は、以下の3つになります。

    • Azure DNSで、@(xxxx.com)のAレコードを作成する。
    • Azure Froot Doorでxxxx.comのフロントエンドを作成する。
    • Azure Froot Doorルーティング規則でリダイレクトの設定を作成

※www.xxxx.comの設定がすべて完了している前提とします。

1.Azure DNSで@(xxxx.com)のAレコードを作成する。

Azure DNSでxxxx.comのレコードを作成します。xxxx.comのゾーンで作業を実施します。

Azure DNS>概要>レコードセットの追加を選択します。そうすると以下の画面が表示されます。

    • 名前:空白
    • 種類:A
    • エイリアスのレコードセット:はい
    • エイリアスの種類:Azureリソース
    • Azure リソース:該当のFroot Doorを指定

を選択し保存します。そうすると、レコードセットが作成されます。

これで、xxxx.comへアクセスが来た場合、Froot Doorへアクセスするようになります。

2.Azure Front Doorのフロントエンドを作成する

xxxx.comを受けるフロントエンドを作成します。

フロントドア>Froot Doorデザイナー>フロントエンドまたはドメインで+(追加)を選択します。そうすると以下の画面が表示されます。

こちらで、カスタムホスト名に、xxxx.comを入力し追加すると、xxxx.comのフロントエンドができます。

なお、この時点でDNSのレコード存在チェックが実施されます。

3.Azure Front Doorのルーティング規則を作成する

xxxx.comをwww.xxxx.comにリダイレクトさせるルーティング規則を作成します。

フロントドア>Froot Doorデザイナー>ルーティング規則で+(追加)を選択します。そうすると以下の画面が表示されます。

 

こちらで、名前は適時設定し、フロントエンドまたはドメインで、先ほど作成したxxxx.comのフロントエンドを選択します。

またHTTP、HTTPSを両方リダイレクトする場合は、受け入れ済みプロトコルでHTTPとHTTPS選択します。

また、リダイレクト設定として以下の内容を選択/入力します。プロトコルは一致要求を選択すると、HTTPはHTTPで、HTTPSはHTTPSでリダイレクトしてくれます。

    • ルートの種類:リダイレクト
    • リダイレクトの種類:Moved(301)
    • プロトコルをリダイレクトします:一致要求
    • 送信先ホスト:置換(www.xxxx.comを入力)

入力したら、追加をクリックします。

最後にフロントドアデザイナーの保存を行い設定が完了です。保存完了後に、xxxx.comへアクセスしたら、www.xxxx.comにリダイレクトされるようになります。

※フロントドアデザイナーの保存をし忘れがちなので、注意しましょう。