Windows ServerのAzure VMでOSのディスクサイズを小さく作る

Azure VMをMarcket Placeから作成するとデフォルトでOSのディスクサイズが決められます。また作られたOSのディスクサイズは小さくすることが出来ません。

Windows OSの場合は128GBになります。ですがこんなに必要ないのにという事もあるかもしれません。こういう場合は、SmallDiskのイメージを使うとOSのディスクサイズを小さく作る事が出来ます。

マイクロソフトサイトでManaged Disksの価格を見てみると、128GBと32GBでは4倍の価格差になります。

Standard HDD 128GBとPremium SSD 32GBとほぼ同じ金額で利用する事が出来ます。

東日本の場合

  128GB 32GB
Premium SSD 2,539.04円 680.11円
Standard SSD 1,075.20円 268.80円
Standard HDD 659.46円 172.04円

Windows OSのAzure VMには、Small Diskのイメージが存在します。

今回はSmall Diskのイメージを使ってWindows OSのAzure VMを構築してみました。

スポンサーリンク

Small Diskイメージを使ってWindows OSのAzure VMを構築

Windows ServerでSmall DiskのAzure VMをAzure Portalを使って作ってみます。

1)Virtual Machinesのメニューで追加タブにある仮想マシンを選択します。

2)仮想マシンの作成画面が表示されますので、イメージにあるすべてのパブリックイメージおよびプライベートイメージを参照するを選択します。

3)Select an Imageの画面が表示されます。Windows Serverにある選択をクリックします。

4)Windows Serverのイメージが表示されます。頭に〔smalldisk〕とついているのが、OSのディスクサイズが小さいイメージになります。今回は〔smalldisk〕Windows Server 2019 Datacenterを選択します。

5)イメージの所に先ほど選択した内容が表示される事が確認出来ます。

後は、通常のAzure VM作成と同様の手順で作成を進めれば作業は完了です。

ディスクの追加も試してみました。

Small DiskイメージをWindows OSのディスクサイズを確認

実際に出来上がったAzure VMを確認してみます。

仮想マシンのディスクを選択すると、OSのディスクサイズが30GBで出来ている事が確認出来ます。

Windows ServerでOSディスク領域の拡張はこちら。