Azure Virtual Machine(CnetOS 7)にデータディスクを追加する

 

今回はAzure Virtual Machine (CentOS 7) へのデータディスク(Managed Disks(Standard SSD))追加を試してみました。

マイクロソフト様のサイトを参考に検証を進めてみました。

1.Power ShellでデータDISKを追加

以下のサイトを参考に仮想マシンにデータディスクを追加するPower Shellを作ってみました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/attach-disk-portal

$rgName = ‘RG名’
$vmName = ‘DISK追加するVM名’
$location = ‘japaneast’
#今回は、Standard SSDなので下記を指定。

$storageType = ‘StandardSSD_LRS’
$dataDiskName = ‘VM名_CashDisk_1(追加するDISK名)’
#今回は、最低の4GBを指定。
$diskConfig = New-AzDiskConfig -SkuName $storageType -Location $location -CreateOption Empty -DiskSizeGB 4
$dataDisk1 = New-AzDisk -DiskName $dataDiskName -Disk $diskConfig -ResourceGroupName $rgName$vm = Get-AzVM -Name $vmName -ResourceGroupName $rgName
$vm = Add-AzVMDataDisk -VM $vm -Name $dataDiskName -CreateOption Attach -ManagedDiskId $dataDisk1.Id -Lun 1Update-AzVM -VM $vm -ResourceGroupName $rgName

2.Linux上でマウントする。

以下のマイクロソフト様のサイトに記載の通りの手順になります。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/attach-disk-portal

まず、仮想マシンにディスクが追加された状況をOS上で確認します。

[root@test-01]# dmesg | grep SCSI

[ 0.342149] SCSI subsystem initialized
[ 0.987188] Block layer SCSI generic (bsg) driver version 0.4 loaded (major 248)
[ 2.867663] sd 2:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk
[ 2.873137] sd 3:0:1:0: [sdb] Attached SCSI disk
[3965178.687477] sd 5:0:0:1: [sdc] Attached SCSI disk

今回の場合、sdcが追加されているので、fdsikでパーティションを作成します。

今回は新しいパーティションを作成するので、コマンドはnで実施します。

[root@akbwg-web-01 httpd]# fdisk /dev/sdc
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.Device does not contain a recognized partition table
Building a new DOS disklabel with disk identifier 0x07ecc989.The device presents a logical sector size that is smaller than
the physical sector size. Aligning to a physical sector (or optimal
I/O) size boundary is recommended, or performance may be impacted.コマンド (m でヘルプ): n
Partition type:
p primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
e extended
Select (default p): p
パーティション番号 (1-4, default 1): 1
最初 sector (2048-8388607, 初期値 2048):
初期値 2048 を使います
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-8388607, 初期値 8388607):
初期値 8388607 を使います
Partition 1 of type Linux and of size 4 GiB is setコマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
ディスクを同期しています。

最後にmkfsコマンドでディスクをフォーマット後、マウントします。
今回はマウントポイントを/mnt/ramdiskとしてます。
UUIDを指定したマウントを行う為、/dev/sdc1のUUIDをコピーしてfstabを作成します。

[root@test-01]# mkfs -t ext4 /dev/sdc1
[root@test-01]# blkid

/dev/sda1: UUID=”fa2f8157-XXXXX-XXXXXX” TYPE=”xfs”
/dev/sda2: UUID=”12907c8a-XXXXX-XXXXXX” TYPE=”xfs”
/dev/sdb1: UUID=”bb32dd89-XXXXX-XXXXXX” TYPE=”ext4″
/dev/sdc1: UUID=”66891613-XXXXX-XXXXXX” TYPE=”ext4″

[root@test-01]# mkdir /mnt/ramdisk
[root@test-01]# vi /etc/fstab

##fstabに以下を追記します。
UID=66891613-XXXXX-XXXXXX /mnt/ramdisk ext4 defaults,nofail 0 0

OS再起動してマウントされていることを確認します。