HTTPからHTTPSへリダイレクトをAzure Front Door でやってみた

 

HTTPからHTTPSへのリダイレクトをAzure Front Doorで試してみました。

Azure Front Doorデザイナーのルーティング規則にて、HTTPS用のルーティング規則とHTTP用のルーティング規則を2つ作成し、HTTP用のルーティング規則内でHTTPSへリダイレクトさせる事により実現できました。

1.Azure Front Doorのルーティング規則を作成する(HTTPS用)

まずHTTPS用のルーティング規則を作成します。

Azure Portal上で、Azure Front DoorのFront Doorデザイナーのメニューをクリックします。

デザイナーが表示されますので、その中でルーティング規則で+をクリックし、ルーティング規則を追加します。

受け入れ済みのプロトコルをHTTPSで設定とます。フロントエンドまたはドメインは受信するドメインを選択します。

ルートの種類は、進むを選択し、バックエンドプールは転送先のバックエンドを選択します。設定が終われば保存します。

2.Azure Front Doorのルーティング規則を作成する(HTTP用)

次にHTTP用のルーティング規則を作成します。

まず、受け入れ済みのプロトコルをHTTPとします。フロントエンドまたはドメインは受信するドメインを選択します。

次に、ルートの種類で、リダイレクトを選択します。併せて、転送プロトコルをHTTPSのみにすることにより、HTTPSへのリダイレクトを実現します。

保存すれば設定が完了です。(Front Doorデザイナーの方の保存もお忘れなく。)