Visual Studio CodeでAzure CLIやAzure PowerShellを使えるようにしてみた

マイクロソフト社が提供するVisual Studio Code(VS Code)でAzure CLIやAzure PowerShellが使えるように設定してみました。

Visual Studio Code(マイクロソフト社サイト)

Visual Studio Codeとは、プログラミングを作成したりする時に使う開発環境(エディタ)になります。拡張機能を使うとAzure CLIやAzure PowerShellをVisual Studio Code上で実行したりと言った事が出来ます。(もっと色々出来ます。)

今回はAzure CLIのインストール、Visual Studio Code(VS Code)へのAzure CLI ToolsやPowerShellのインストールから実際に操作確認まで実施してみました。

スポンサーリンク

Visual Studio CodeでAzure CLIを使えるようにする

Visual Studio Code(VS Code)のセットアップ

Visual Studio Code(VS Code)のセットアップ自体はこちらの記事を参照願います。

Windows10へAzure CLIをインストール

まず最初にAzure CLIをOSにインストールする必要があります。今回はWindows10にインストールします。

実施手順

マイクロソフト社のAzure CLI インストールサイトを開きます。(GoogleでAzure CLI インストールで検索するとマイクロソフト社サイトが表示されます。)

Azure CLI(マイクロソフト社サイト)

Windowsへのインストールをクリックします。

インストールページが表示されます。インストールまたは更新にあるAzure CLIの現在のリソースをクリックします。

Azure CLIインストールファイルのダウンロードが開始されます。

azure-cli-2.22.1.msiというファイルがダウンロードされている事が確認出来ます。

ダブルクリックしインストールを開始します。

※2021年5月現在の最新バージョンになります。

確認画面が表示されます。内容を確認し問題がなければ、I accept…にチェックを入れてInstallをクリックします。

インストールが開始されます。

完了確認画面が表示されます。

Finishをクリックします。

これでOSへのAzure CLIインストールは完了です。

※Azure CLIのパスは自動的に追加されています。

Visual Studio Code(VS Code)へAzure CLI Toolsをインストール

Visual Studio Code上でAzure CLIファイルを扱う為に、Azure CLI Toolsをインストールします。

実施手順

Visual Studio Codeで左にある拡張機能のボタンをクリックします。Azure CLIと入力し検索するとAzure CLI Toolsが表示されますので選択します。

 

Azure CLI Toolsでインストールをクリックします。これでVisual Studio CodeでAzure CLIを扱う為のセットアップは完了です。

Visual Studio Code(VS Code)でAzure CLIを実行する

Visual Studio Code(VS Code)でAzure CLIを実行してみます。今回はシンプルにAzureへのログインを確認してみます。

実施手順

Visual Studio Codeで新規ファイル作成します。

 az login と入力します。このコマンドはAzure CLIを使ってAzureへログインする際のコマンドになります。

名前をつけて保存を選択します。

ファイルの種類でAzure CLI Scrapbookを選択します。ファイル名を付けて保存します。

※Azure CLI Toolsを入れてないとファイルの種類でAzure CLI Scrapbookが表示されません。

表示>コマンドパレットを選択します。

Azure CLIと入力すると、Azure CLI:Run Line in Terminalが表示されますので選択します。

※CTRL + ^のショートカットでも実行できます。

ターミナルでAzure CLIのコマンドが実行されます。

ポップアップでサインイン画面が表示されますので、Azureのアカウントでログインします。

Azure CLIのコマンドがVisual Studio Code上で実行される事が確認出来ました。

Visual Studio Code(VS Code)へAzure PowerShellをインストール

Visual Studio Code(VS Code)へPowerShellをインストール

Visual Studio Code(VS Code)でPowerShellを扱う為にインストールします。

実施手順

Visual Studio Codeを開きます。

拡張機能を選択し、検索欄にPowerShellと入力します。PowerShellを選択します。

インストールを選択します。

これでVisual Studio CodeへのPowerShellインストールは完了です。

新規にファイルを作成しAzureへのログイン確認をしてみます。

 Connect-AzAccount と入力し名前を付けて保存を選択します。

ファイルの種類はPowerShellを選択します。

ファイル名は任意の名前を付けて保存します。

実行してみると、コマンドがないと表示されエラーになります。

Connect-AzAccountはAzure PowerShellのコマンドになりますが、まだインストールされていない為コマンドがないとエラーになっています。

追加でインストールが必要な事が分かりました。

Azure PowerShellをインストール

Azure PowerShellを扱う為には追加でインストールが必要になります。Visual Studio Code拡張機能ではなくPowerShellでのインストールになります。

実施手順

Visual Studio Codeのターミナル上で以下のコマンドを入力します。

 Install-Module -Name Az -AllowClobber -Scope CurrentUser 

このコマンドは、Azure PowerShellインストールの内容を流用しています。

インストールが開始されるとリポジトリの確認画面が表示されます。Yを選択します。

インストールが開始されるとパッケージの入力画面が表示されます。(この画面が表示されるまで少し時間が掛かります。)

プロンプトに戻ればインストールが完了です。

Visual Studio Code(VS Code)でAzure PowerShellを実行する

Visual Studio Code(VS Code)でAzure PowerShellを実行してみます。今回はシンプルにAzureへのログインを確認してみます。

実施手順

Visual Studio Codeで先ほど保存したファイルを実行します

※F5などのショートカットでも実行可能です。

メッセージに表示されているこちたのログインURLをコピーします。

https://microsoft.com/devicelogin

メッセージに表示されているコード番号を入力し次へクリックするとAzure Portalへのログイン画面が表示されます。

自身のアカウントでログインすれば完了です。

※CTRLを押しながらのクリックでも開くことが可能です。