Datadog Agentを使ってAzure VMのリソース取得

 

Datadogはマルチクラウド対応の監視サービス(SaaS)です。

Datadogではエージェントレスでのクラウド監視だけではなく、通常の監視のようにAzure VMにエージェントを入れた監視も可能です。

今回はアラート設定の下準備として、Azure VMにDatadogのエージェントインストールを試してみました。

    • 今回実施した内容
      • Azure VM(Cent OS & Windows)へData Dogのエージェントインストール
      • Data DogでAzure VMからリソースデータ取得出来ているの確認

DatadogとAzureのテナント接続についてはこちらで試しております。

DatadogとAzure接続してリソース取得

----

1.Azure VMにDatadogのエージェントをインストールする(Cent OS編)

Azure VM(Cent OS 7)にDatadogのエージェントをインストールしてみます。

1)最初にDataDogにログインします。

2)IntegrationsのメニューでAgentを選択します。CentOS/Red Hatの項目を選択すると下記画面が表示されます。

3)Use our easy one-step installに表示されているDDコマンドをコピーし、監視対象のAzure VM上で実行します。

[ユーザー名@host名 ]$ DD_AGENT_MAJOR_VERSION=7 DD_API_KEY=API_KEY DD_SITE=”datadoghq.com” bash -c “$(curl -L https://s3.amazonaws.com/dd-agent/scripts/install_script.sh)”

Agentがインストールされて監視が開始します。(デフォルトでは自動的に監視が開始されます。)

Agent の停止する場合は下記コマンドを実行します。

[ユーザー名@host名 ]$ systemctl stop datadog-agent

※Agentインストール完了した時点でCPUやメモリ使用率といったリソース情報は取得開始されます。

2.Azure VMにDatadogのエージェントをインストールする(Windows編)

Azure VM(Windows)にDatadogのエージェントをインストールしてみます。

1)IntegrationsのメニューでAgentを選択します。Windowsの項目を選択すると下記画面が表示されます。Datadog Agent Installerをクリックするとダウンロードが開始されます。

※3に表示されるAPI Key、4に表示されるDataDog Regionはインストール時に利用します。

2)ダウンロードされたIntallerをクリックするとインストールが開始されます。Datadog Agent Setup画面が表示されますので、NextをクリックしSetupを開始します。

※Winodwsのセキュリティメッセージが表示された場合は実行を選択します。

3)下記ライセンス承認画面が表示されますので、確認し問題なければチェックボックスにチェックを入れてNextをクリックします。

4)1)の画面で確認したAPI Keyをコピー&ペーストしてNextをクリックします。

5)1)の画面で確認したRegionを選択しNextをクリックします。

6)Install開始画面が表示されますので、Installをクリックします。

これでDatadog Agentのインストールは完了です。自動的にData Dogに接続されリソースの収集が開始されます。

3.Datadogで取得されているリソース情報を確認する

DatadogのAgentのリソース取得が出来ているかを確認してみます。

InfrastructureのメニューでInfrastructure listを選択すると下記画面が表示されます。Agentからリソース収集されているホストの一覧が表示されます。

※Azure VM側でAgentを停止すると表示されません。

ホスト名を選択すると、ホストで取得されているリソース情報が確認出来ます。

特に何も設定することなく、リソース情報の確認が出来ます。

取得したリソースでの監視設定はこちらで試しております。

Datadog Agentを使ってAzure VMのリソース監視