DatadogとAzure接続してリソース取得

Datadogはマルチクラウド対応の監視サービス(SaaS)で、AzureやAWS等のパブリッククラウドの監視がサービス提供されています。無料アカウントを作成すれば、2週間すべての機能を利用する事が出来ます。

Azureでは仮想マシンといったIaaS環境だけではなく、サーバレスのサービス等のPaaSも監視する事が出来ます。

DatadogとAzureテナント接続を行いAzure のメトリック情報取得を試してみました。実施にあたってはDatadogマニュアルを参考に実施しております。

    • AzureとDatadog接続に必要な設定内容
      • AzureテナントでのDatadog用のサービスプリンシパル作成(別記事で実施)
      • DatadogでAzureテナントへの接続設定

Azureテナント側でのサービスプリンシパル作成についてはこちら。

Datadogエージェントを使ったリソース情報取得はこちらで試しております。

スポンサーリンク

DatadogでAzureテナントへの接続設定

DatadogでAzureテナントへの接続設定を行います。

Datadogの無料アカウントは作成済みの前提とします。

1)Datadogにログインし、Integrationsのメニューを選択すると下記画面が表示されます。Azureを選択します。(監視する内容関係なく、一番最初はAzureへの接続設定が必要になります。)

2)Azure Integrations画面が表示されます。

      • Tenant ID:アプリケーションの画面で確認したテナントID
      • Client ID:アプリケーションの画面で確認したクライアントID
      • Client Secret:アプリケーションの画面で確認したシークレット値
      • Optionaliy limit metrics collection to hosts with tag:監視対象に設定したTAG

※TAGを設定しない場合、すべて監視対象となる為注意が必要です。

値を入力し、Install Integrationをクリックすると設定完了です。

DatadogでAzureリソースが見えているかを確認する

Data DogでAzureテナントへの接続設定が終わると、特に設定なく監視が開始されます。

そのため、監視対象側でタグ設定を行い、監視対象を絞るなどといった設定が必要になります。

Application Gatewayを例にアラート設定を試してた記事はこちら。