Azure Backupを使ってVMのバックアップからリストアまでやってみた

Azure Backup(Azure Recovery Services コンテナー)を使ってAzure Virtual Machine(VM)のシステムバックアップからリストアまでやってみました。 Recovery Services コンテナーの作成、設定、Azure VMへのバックアップ設定、バックアップ実行、リストア実行までの一連の流れをやっています。今回はリストアを新規作成と既存を置換の2パターンでやってみてます。

Azure Backupの詳細は公式サイトに記載の通りにはなるのですが、主にAzure VM(SQL Server含む)のシステムバックアップやAzure Filesのバックアップで利用されるAzure 上のサービスになります。

Azure バックアップ(公式サイト)

Azure Recovery Services コンテナー

スポンサーリンク

Azure Backupを利用したVMリストアの種類は4パターン

Azure VMのリストアについては4パターンあります。今回はAzure VMのリストアを直接実施する2パターンをやってみました。

Azure VMのリストアパターン  

【MS社公式サイト記載の図】

VMのリストア(新規作成)

バックアップから新規Azure VMを作成するリストア方式になります。リストア後は新規VMとリストア対象のVM(既存VM)の2つのVMがあります。新規作成されたVMのディスクNIC、IPは新規に払い出しされます。既存のVMには何の変更はされません。

VMのリストア(既存を置換)

バックアップから既存Azure VM(リストア対象のVM)のディスクを置換するリストア方式になります。リストア後はリストア対象のVMのみがあります。VMのディスクがリストア後のディスクと置き換わる形式になります。

ディスクのリストア

バックアップからディスクを作成するリストア方式になります。リストア後のディスクからVMの作成等が可能です。

※VMのリストア(新規作成)では可用性セットを選択する事が出来ない為、一旦ディスクにリストアした後にVM作成が必要になります。

ファイルのリストア

バックアップからディスクを作成とAzure VMマウント用のスクリプトが生成されます。このマウント先のディスクからファイルコピーを行い復旧します。

※なお、作成されたディスクの有効期限は12時間です。(Azure上で管理されている為、Azure Portal上でディスク自体が直接見える事はありません。

リストア後のVM状態はこんな感じになります。

リストアパターン

リストア後のVM数

リストア後のイメージ

説明
VMのリストア(新規作成) 2台
  • 新規VM(新ホスト名)
    • リストアしたディスク
  • 既存VM(既存のホスト名)
    • 既存ディスク
新規VM構築と同様に新しいIPのVMが生成されます。
VMのリストア(既存を置換) 1台
  • 既存VM(既存ホスト名)
    • リストアしたディスク

※既存VMに関連付けされていたディスクもそのまま残っています。(VMとの関連付けは無し) 

IP等は変わらずディスクだけが置き換わります。

※マイクロソフト公式サイトを確認して、個人的に理解した内容を記載しています。詳細は公式サイトを確認下さい。

ファイルリストアはこちら。

 ディスクリストアはこちら。

Azure Recovery Servicesコンテナー作成

Azure Recovery Servicesコンテナーの作成

Azure VMバックアップ設定を行うためのRecovery Servicesコンテナーを作成します。

設定手順

Recovery Services コンテナーで新規を選択します。

リソースグループや、コンテナー名、リージョンを選択します。確認および作成をクリックします。

※タグを設定する場合は、次タグを選択し、タグの設定を行ってください。

確認画面が表示されますので、問題が無ければ作成をクリックします。

これでRecovery Services コンテナーの作成は完了です。

Azure Recovery Servicesコンテナーバックアップ冗長設定

Recovery Servicesコンテナーの初期設定ではGeo冗長になっています。今回は検証なのでローカル冗長にしています。これはバックアップ設定前に実施する必要があります。Azure VMのバックアップ設定後には変更できません。

Geo冗長とローカル冗長ではコストが違います。リージョンをまたがる復旧利用時はGeo冗長を選択してください。

※実際の利用時は必要要件に合わせて設定下さい。

設定手順

Recovery Services コンテナーの設定にあるプロパティを選択します。バックアップ構成の更新を選択します。

ストレージレプリケーションの種類でローカル冗長を選択し保存します。

Azure Recovery Servicesコンテナー論理削除設定

Recovery Servicesコンテナーの初期設定では、論理削除有効になっています。今回は検証なのでローカル冗長、論理削除無効にしています。論理削除有効だとAzure VMのバックアップ削除してもRecovery Services コンテナー自体は14日間消せません。

※実際の利用時は必要要件に合わせて設定下さい。

設定手順
Recovery Services コンテナーの設定にあるプロパティを選択します。セキュリティ設定で更新を選択します。
論理削除で無効を選択し保存します。

Azure Virtual Machine(VM)のバックアップ設定

Azure VMのバックアップ構成

Azure VMバックアップ設定では、バックアップスケジュールや保持期間、バックアップ対象の選択を行います。なお今回はRecovery Servicesコンテナーから設定を行っています。Azure VMからの設定はこちら

設定手順
Recovery Services コンテナーのバックアップを選択します。バックアップの構成が表示されますので、Azure/仮想マシンを選択しバックアップをクリックします。

バックアップの構成が表示されます。

  • 設定内容
    • バックアップポリシー 
      • バックアップスケジュールやバックアップの保持期間を設定
    • Virtual Machines
      • バックアップ対象を選択

まず、バックアップポリシーにある新しいポリシーを作成するを選択します。

デフォルトだとバックアップ時間がUTC2:30 で保持期間が30日になっています。今回は以下の設定に変更しています。

    • 毎日2:00(日本時間)
    • バックアップ保持期間7日

設定が終わったら、OKをクリックします。

※スナップショットを利用するとリストア時間が短くて済みます。ただし増分スナップショットで利用するBlobストレージ分の課金が発生するようです。

バックアップ対象の仮想マシンを選択します。

バックアップの構成画面に戻りますので、Virtutal Machinesにある追加をクリックします。

仮想マシンのリストが表示されますので、バックアップ対象のVMを選択します。選択したらOKをクリックします。
バックアップの構成が完了したら、バックアップの有効化を行います。

初回バックアップの実行

バックアップ有効化時にはバックアップは実行されません。初回バックアップはスケジュール実行時になります。初回バックアップを手動実行します。

実施手順
Recovery Services コンテナーのバックアップアイテムを選択します。バックアップの管理の種類が表示されますので、Azure Virtual Machineを選択します。

バックアップ対象のVM一覧が表示されます。初回バックアップが取得されていない旨のメッセージが表示されています。

対象のVMを選択します。

バックアップ項目が表示されます。この画面で対象の仮想マシンのバックアップ状況やバックアップ取得、リストア等のを行う事が出来ます。

今すぐバックアップを選択します。

バックアップの保持期間が表示されますので、日付を設定しOKをクリックします。

デフォルトは31日後になっています。今回は7日後に設定しています。

バックアップが開始されます。

バックアップ状況はRecovery Services コンテナーのバックアップジョブで確認出来ます。

Azure Virtual Machine(VM)をリストア

リストア対象のVMを選択

リストア対象のAzure VMを選択します。

実施手順
Recovery Services コンテナーのバックアップアイテムを選択します。バックアップの管理の種類が表示されますので、Azure Virtual Machineを選択します。

バックアップされているVM一覧が表示されます。リストア対象のVMを選択します。

リストア対象のVMのバックアップ項目画面が表示されます。

VMの復元を選択します。

Azure VMを新規VMとしてリストア

Azure VMを新規VMとしてリストアします。

リストアと言うよりかはバックアップを利用して新規VMを作成すると考えた方がシンプルに理解しやすい気がします。

今回はupdate-test-01と言うVMをrestore-test-01という名前にリストアします。

実施手順
仮想マシンの復元画面が表示されます。復元ポイントの選択をクリックします。
復元ポイントが表示されますので選択します。
構成の復元を選択します。今回は新規VMへのリストアになりますので、新規作成を選択します。

復元の種類は新しい仮想マシンの作成とディスクの復元が選択可能です。ディスクの復元はディスク復元後に新たに仮想マシンを作成する場合等に選択します。(例;可用性セットを組んでいる場合等)

リストアにあたっては、仮想ネットワークやサブネット等を指定する必要があります。新規VM作成と同じイメージになります。

ステージングの場所でストレージアカウントを指定しますが、こちらはテンポラリーのファイル置き場になります。

今回はrestore-test-01という仮想マシン名でリストアします。(リストア前と同じホスト名は指定できません。)

復元をクリックするとリストアが開始されます。

リストアが開始されます。

リストアの状況はRecovery Services コンテナーのバックアップジョブで確認出来ます。

リストア後の確認(新規VMを選択してリストア)

リストア後の確認を行います。

確認手順

リストが完了すると、リストア時に指定した名前(restore-test-01)で仮想マシンが出来ていている事が確認出来ました。

注意点ですがOS自体のホスト名はリストア前の名前になっています。

実際にOSで上で確認してもリストア前のホスト名になっている事が確認出来ます。

※つまりAzure Portal上のVM名と実際のホスト名に差異がある状態になります。

リストア直後に名前解決状態を確認してみました。nslookupで確認してみます。リストア後のIPになっています。Azure VMの名前ではエラーになります。

C:\>nslookup update-test-01
Server: UnKnown
Address: 168.63.129.16

Non-authoritative answer:
Name: update-test-01.XXXXXXXX.cx.internal.cloudapp.net
Address: リストア後のIPアドレス

C:\>nslookup restore-test-01
Server: UnKnown
Address: 168.63.129.16

*** UnKnown can’t find restore-test-01: Non-existent domain

リストア後Azure VMのOS上でホスト名をrestore-test-01と変更してみます。そうすると名前解決状態はこのようになります。restore-test-01でのみ名前解決される状態になります。

※この動作はAzure VMでホスト名を変更した時に、Azure DNSで名前解決が更新されますよと言うお話です。

C:\>nslookup update-test-01

Server: UnKnown
Address: 168.63.129.16

*** UnKnown can’t find update-test-01: Non-existent domain

C:\>nslookup restore-test-01
Server: UnKnown
Address: 168.63.129.16

Non-authoritative answer:
Name: restore-test-01.XXXXXXXX.cx.internal.cloudapp.net
Address: リストア後のIPアドレス

基本的にはバックアップイメージを作成して、新規VMを作成となります。OSのホスト名変更、拡張機能、IPの設定、Azure Monitor関連の設定等も新規VM作成時と同様に考慮する必要があります。また、バックアップ設定も新規に必要になります。

既存を置換する形でAzure VMのリストア

Azure VMを既存を置換したVMとしてリストアします。

一般的に言われるリストアのイメージになります。

実施手順

リストア後の確認用に、ファイルをデスクトップに作成します。(これは確認用なので通常時は必要ありません、)

新規VMでリストア時と同様の手順で仮想マシンの復元画面を表示します。

構成の復元で既存を置換を選択します。既存の置換になりますので、設定はステージングの場所の選択のみになります

復元をクリックします。

なお、リストア対象のVMを起動したままだとUserErrorVmNotShutDownエラーになります。リストア対象のVMを停止してから復元を行います。

リストアが開始されます。

リストアの状況はRecovery Services コンテナーのバックアップジョブで確認出来ます。

なお、既存と置換の場合は、バックアップも同時に実行されます。

リストア後の確認(既存を置換でAzure VMをリストア)

リストア後の確認を行います。

確認手順

リストア後の仮想マシンにログインしてみます。

先ほど作成したファイルが消えており、置き換わっている事が分かります。

ディスクを確認すると、新規にディスクが作成され仮想マシンの所有者が新しく作成されたディスクになっている事が分かります。

※利用されていたディスクも残っています。

また、置換後に新規にバックアップが取得されている事も確認が出来ます。

同じホスト名に戻すような通常のリストアは既存と置換を選択して実行した方が良いのでは?と個人的には思っています。

新規作成でも同じホスト名でVMをリストアする

バックアップ対象のVMを削除しても、Recovery Servicesコンテナーのバックアップデータは削除されません。バックアップ対象のVMを削除してから、リストアを実施すると同じホスト名でリストアが出来ます。

確認手順

VM削除後に復元すると同じホスト名でもエラーになりません。

※同じホスト名の場合はバックアップ設定等もそのまま引き継がれるようです。

バックアップジョブの監視はこちら。

Azureバックアップセンターについてはこちら。