Azure VMのRecovery Services コンテナーバックアップジョブ監視

Azure VMのRecovery Services コンテナーバックアップジョブ監視について試してみました。

Azure VMのバックアップ設定はRecovery Services コンテナーにあり、実行ジョブ結果もAzure Portal上で確認可能出来ます。

確認は出来るのですが、Azure Monitorの設定を確認をするとバックアップジョブの監視設定がRecovery Services コンテナーのメトリックには存在しません。

Recovery Services コンテナーで取得されるログをLog Analyticsワークスペースへ転送する事でバックアップジョブの監視をAzure Monitorで行う事が出来ます。

Recovery Services コンテナーを使ったAzure VMのバックアップからリストアはこちら。

スポンサーリンク

Recovery Services コンテナーの診断設定を使ってLog Analyticsへログ転送する

Recovery Services コンテナーのログをLog Analyticsワークスペースへ転送する設定を行います。Log Analyticsへの転送は診断設定で行います。

1)Recovery Services コンテナーを開き診断設定を選択すると下記画面が表示されますので、診断設定を追加するを選択します。

2)診断設定の画面では以下の項目にチェックを選択します。

      • log(以下の項目にチェック)
        • CoreAzureBackup
        • AddonAzureBackupJobs
        • AddonAzureBackupAlerts
        • AddonAzureBackupPolicy
        • AddonAzureBackupStorage
        • AddonAzureBackupProtectedInstance
      • Log Analyticsへの転送:チェックを入れる
        • Log Analyticsワークスペース:転送先を選択
        • ターゲットテーブル:リソース固有

なお、バックアップジョブの監視だけであれば、AddonAzureBackupJobs​のみにチェックで大丈夫です。

これでLog Analyticsワークスペースへのログ転送設定は完了です。

Log AnalyticsでRecovery Services コンテナーのログを確認する

Recovery Services コンテナーのログをLog Analyticsで確認します。

バックアップジョブの結果が確認できるログは、AddonAzureBackupJobs​になります。

転送先に指定した、Log Analyticsワークスペースで以下の通りクエリを入力し実行するとバックアップジョブの実行結果が表示されます。

AddonAzureBackupJobs​

| where JobOperation=="Backup"​

バックアップジョブの実行結果はJobStatusで確認します。

        • Complatedの場合はバックアップ成功
        • Failedの場合はバックアップ失敗

この結果を使って、バックアップ失敗時に通知するような設定をAzure Monitorを使って行ってみたいと思います。

Azure VMのバックアップジョブの実行結果をAzure Monitorで監視する

Azure VMのバックアップ監視設定を行います。

今回はバックアップジョブが成功した場合にアラート発生させるようにしています。通常は失敗かと思いますが動作確認する時に意図的に失敗させての確認出来ない為今回は成功にしています。

Recovery Services コンテナーのログを転送しているLog Analyticsワークスペースで警告を選択します。

下記画面が表示されるので、新しいアラートルールを選択します。

アラートルールの作成画面が表示されますので、条件の選択をクリックします。

システムロジックの構成画面が表示されますので、Custom Log Searchを選択します。

詳細の入力画面が表示されますので、以下の通り設定します。

検索クエリに以下の通り設定します。

1時間以内に、1VMに対して1回でもバックアップが成功した場合にカウントが発生するクエリとしています。

AddonAzureBackupJobs

| where JobOperation=="Backup"
| where TimeGenerated > ago(1h)
| summarize countif(JobStatus=="Completed") by BackupItemUniqueId​
| where countif_ > 0

上記クエリを1時間に1回実行し成功結果が1回でもあればアラート発生するよいうに構成しています。

アクショングループやアラートルール名を適時設定し、完了したらアラートルールの作成をクリックします。

これでアラートルールの作成は完了です。

Azure MonitorでRecovery Services コンテナーのバックアップジョブ実行結果を監視した結果

バックアップジョブで成功した場合にアラートメールでの通知設定した後に実際の確認してみました。

無事以下のような形でメールを受信する事が出来ました。今回の設定の場合、実際のメール本文には下記のような内容が記載されます。

      • BackupItemUniqueId ロケーション名;JOB関連の情報;リソースグループ名;VM名
      • countif_ 成功回数

今回はバックアップジョブの成功を条件にしていますが、Completed以外を条件にすると失敗の場合にアラート通知も同様に実現出来ます。

AddonAzureBackupJobs
| where JobOperation=="Backup"
| where TimeGenerated > ago(1h)
| summarize countif(JobStatus != “Completed") by BackupItemUniqueId​
| where countif_ > 0

Azure Logic Appを使ってバックアップの実行結果通知も試してみました。

Azureバックアップセンターについてはこちら。