Tera Termのインストールから文字化け対応まで

Others,Windows

Tera Termのインストール手順から文字化けの対応方法について纏めてみました。

    • Tera Termのインストール
    • Tera Termの文字化け状態を解消して英語表示
    • Windowsのシステムロケール設定を変更して日本語表示

※仮想マシン(Azure VM)にTera Termをインストール、日本語化した時に文字化けするが事があったので備忘を兼ねて対応手順を纏めています。
※Windows 10を利用しています。Tera TermはVersion 4.106を利用しています。

スポンサーリンク

Tera Termをインストール

Tera Termとは

リモートで仮想マシンやネットワーク機器に接続する際に利用されるターミナルエミュレーターです。
SSHなどを利用してリモートホストに接続する事が出来ます。

Tera Termのインストール手順

Tera Termは公式サイトからインストーラーをダウンロードしてインストールします。

TeraTerm公式サイト:Tera Term Home Page
インストーラーダウンロード:TeraTermProject/osdn-download

インストール手順

ダウンロードサイトからインストーラーをダウンロードします。

※公式サイトにGitHubからのダウンロードの記述があります。

 

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックします。
セットアップ画面が表示されます。
ライセンス情報を確認します。
I accept the agreementを選択します。
Nextを選択します。
インストールディレクトリの選択です。
特に理由がない場合はそのまま進めます。

インストールコンポーネントの選択です。
特に理由がない場合はそのまま進めます。

 

表示言語の選択です。
日本語を選択します。

※後で設定変更が可能です。文字化けが気になる場合はEnglishを選択します。

OSのメニューフォルダー名の設定です。
変更したい理由が無ければそのまま進めます。
ショートカットの作成やファイルの関連付け設定です。
適時選択します。
今回はそのまま進めます。
インストール内容の確認画面です。
内容を確認して問題が無ければインストールを開始します。
インストール完了画面です。
Launch Tera Termにチェックを入れるとFinish(完了)後Tera Termが起動します。
Tera Termを起動すると接続画面が表示される事が確認出来ます。

Tera Termの文字化け対応

Tera Termを日本語表示にすると文字化けする場合があります。
Tera Termの文字化けを解消する方法は2種類あります。

    • 英語表示にする
    • Windowsのシステムロケール設定を変更して日本語表示にする

英語表示にして文字化け解消

文字化け状態になるとメニューが何なのかもわからない状態になります。

英語表示に変更
Tera Termを起動すると文字化けしています。

設定の全般に表示設定がありますが文字化けしていると分かりません。
ALT+S(メニューの左から3番目)の後にShift+G(上から12番目)を選択します。

Tera Termのバージョンにより表示項目が異なる場合があります。
※全般設定はTCP/IPの下にあります。

言語設定が表示されます。
言語(L)をJapaneseからEnglishへ変更します。
言語UI(U)をJapanese.lngからDefault.lngに変更します。
OKを選択します。

文字化けが解消してメニューが表示されている事が確認出来ます。

システムロケールを変更して日本語表示

WindowsのUnicode対応ではないプログラム言語(システムロケール)設定を変更する事でTera Termの文字化けを解消できます。

※Unicode対応ではないプログラム言語(システムロケール)の設定を変更しています。他のソフトに影響がある可能性もあります。変更する場合はご注意下さい。

システムロケール変更
OSの設定を表示します。
時刻と言語を選択します。
左側のメニューで言語を選択します。
管理用の言語の設定を選択します。
システムロケールの変更を選択します。
地域の設定が表示されます。
ベータ:ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用のチェックを外します。
OKを選択します。
システムロケールを変更する場合はOSの再起動が必要になります。
今すぐ再起動を選択します。

OS再起動後にTera Termを起動すると日本語表示されている事が確認出来ます。
文字化けを解消する事が出来ました。

※英語表示されている場合は日本語表示に全般の設定を変更し確認します。

まとめ

今回はTera Termのインストールから文字化け対応までの手順を纏めてみました。
文字化けに対応して日本語表示する為にはWindowsのUnicode対応ではないプログラム言語(システムロケール)設定でUTF-8のチェックを外す事で対応できる事が確認出来ました。

今後も色々試してみたいと思います。

Windows Server 2022の日本語化手順についてはこちらに纏めています。

Visual Studio Codeのインストールから日本語化までの手順についてはこちらに纏めています。

スポンサーリンク