AzureでSend Gridのアカウントを作ってみた

2020-07-11

2021年1月からAzure Portal上で無償版(Free)のSendGridが選択できなくなったようです。その為こちらで記載している今までの手順では作成出来なくなったようです。改めて作成手順を確認してみました。Free(無償版)を利用の場合はこちらの記事を参照下さい。

古い記事もそのまま掲載しております。

スポンサーリンク

Azure上でSend Gridアカウントを作成する

まず、Azure PortalでSendGridと入力します。サービスにSendGrid Accountsが表示されますので、これを選択します。

SendGrid Accountsで追加をクリックします。

Create SendGrid Accountの画面に遷移します。作成するリソースグループ名や場所(リージョン)、Azure Portal上での表示名、SendGrid Accountのパスワードを入力します。

このパスワードはメール送信時の認証に利用されます。 PricingTierはFreeを選択します。(SendGrid Accountのユーザー名は別途払い出しされます。)

画面下の方では、連絡先の情報入力になります。氏名やメールアドレス、会社名、webサイトを入力します。(Emailアドレスは、確認メールが来ますので、受信可能なアドレスを入力します。)

TAGを設定しない場合は、そのままReview+Createをクリックすると確認画面が表示されます。修正点が無ければ、Createで作成するとアカウントが作成されます。

アカウントが作成されますと、設定したメールアドレス宛に、確認メッセージが来ます。リンクをクリックして承認すればアカウントが利用できるようになります。

Azure上で作成されたSend Gridアカウントを確認する

先ほど作成したアカウントを選択します。下記画面が表示されますので、

SendGridの画面が表示されます。Account Detailsをクリックします。

Account Detailsでアカウントの情報が確認できます。なおアカウントでのメール送信は推奨されません。Azure上でSendGridアカウント作成後の設定の記事にAPI Key作成を記載しておりますのでAPI Keyを使って送信するようにしてください。

上記画面のTime Zone表示の右端の編集ボタンをクリックすると下記画面が表示されます。TimeZoneを時間を日本時間に変更します。

これで作成したアカウント情報の確認は終了になります。

Azure上でSendGridアカウント作成後の設定についてはこちら。

Azure Automationアカウント Runbookでのメール送信はこちら。

Azure VM(Zabbixサーバ)でのメール送信はこちら。

※2021年1月にAPI KeyやWeb Api Keyが必要になっています。2段階認証の設定はこちら