Cent OSでAzモジュールを使えるようにしてみた

 

Cent OS 7にPower Shellをインストールして、Azure Power ShellのAz モジュールを使える所までセットアップしてみました。
インストールは、Microsoftサイトを参考に実施してみました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/scripting/install/installing-powershell-core-on-linux?view=powershell-6

1 .Cent OSにPowerShellをインストールする

リポジトリを登録して、yumでPowerShellのインストールを行います。

[root@test-01]# curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo
[root@test-01]#yum install -y powershell

2.Azモジュールをセットアップする

リポジトリが登録状況を確認し、Azモジュールをインストールします。

#PowerShellを呼び出すには、pwshコマンドになります。

[root@test-01]#pwsh

#リポジトリの登録状況を確認します。

PS /root> Get-PSRepository 

Name InstallationPolicy SourceLocation
—- —————— ————–

PSGallery Untrusted https://www.powershellgallery.c…

#Get-PSRepositoryコマンドがエラーになる場合(何も表示されない場合)は、リポジトリが登録されていない可能性があります。この場合は以下のコマンドで登録します。

PS /root> Register-PSRepository -Default 

#最後にAzモジュールをインストールします。
PS /root> Install-Module -Name Az -AllowClobber -Scope AllUsers 

3 .Proxy経由でアクセスする場合

Power Shell上でAzモジュールや各種パッケージをダウンロードする場合、Azureにログインする場合等は、InterNet向けにHTTP(80)、HTTPS(443)を接続許可する必要があります。環境によっては、Proxy経由でしか抜けられないケースもあると思いますが、Linuxの場合は、/etc/enviromentの値を参照するそうです。