Azure マネージドID(Azure managed identity)を使ってTerraformのAzure認証をする事が出来ます。

Azure Provider: Authenticating using mana ...

Terraform Multiple providerを使うと複数のAzureサブスクリプションを同時に扱う事が出来ます。今回は2つのAzureサブスクリプションそれぞれにリソースグループを作成してみました。

Terraform メタ引数の中でcountとfor eachを使うと1つのblockの中で複数のリソースを作成する事が出来ます。countとfor eachを使って複数のAzureリソースグループを纏めて作成してみました。

Azure 仮想マシン作成時にカスタムデータ(cloud-init)を使うと同時にOSの設定やパッケージインストール出来ます。Cent OS 8でタイムゾーン、ロケール設定やパッケージアップデート、インストール、自動起動設定をやってみ ...

Terraform RandomはTerraform上でランダムな値を発生させて扱えるようにさせるプロバイダーです。今回はRandom Providerを使ってランダムな名前を付与したストレージアカウントを作成してみました。

Azure Portalにもプレビュー版があります。プレビュー登録せずに提供されている機能をGUIで操作出来たり、通常版のAzure Portalで不具合がある時に試してみるとうまく行ったりする事があります。今回はプレビュー版と通常版 ...

Azureストレージでファイル共有(Azure Files)のバックアップ、リストアからリソース削除までの一連の流れを確認してみました。Azureストレージでファイル共有(Azure Files)作成、Recovery Service ...

Azureストレージでファイル共有(Azure Files)のバックアップ、リストアからリソース削除までの一連の流れを確認してみました。Azureストレージでファイル共有(Azure Files)作成、Recovery Service ...

Azure Filesでファイル共有(Premium)を作成してIOPS測定してみました。併せてSMBマルチチャネルを利用しての確認もやってみました。

Azure Storageのデータライフサイクル管理を使ってBLOBストレージのアクセス層変更やBLOBコンテナー内のファイル削除のポリシー作成から動作確認をやってみました。

Azureストレージアカウントの同期機能としてオブジェクト レプリケーションがあります。今回は設定からファイルのアップロードをしてファイル同期状態の確認までをやってみました。

ネットワークセキュリティグループのWindows Update用サービスタグ(AzureUpdateDelivery)を利用して仮想マシンからWindows Updateだけ通信許可する設定を試してみました。またサービスタグやPowe ...

Azure Security CenterのJust-In-Time仮想マシンアクセス機能を試してみました。Azure Security Centerの有効化、Just-In-Timeの有効化、ポート構成設定、アクセス権の要求、NSG ...

Azure Application InsightsにはURL監視が出来る可用性(URL PING)テスト機能があります。URL PINGを使ったURL監視設定、Azure Monitorを使ったアラート設定、テストログ確認までをやっ ...

SSHポートフォワーディングを使うとグローバルIPを持たないAzure VMにインターネットからアクセスする事が出来ます。今回はTera Termを利用したポートフォワーディングの設定から実際のアクセスまでを実施しています。

マネージドディスク(Azure Managed Disks)種類別で性能を中心にSLAや価格関連の情報について整理をしてみました。併せてPremium SSDのパフォーマンスレベルを変更からDISKPDを使った性能測定をしてみました。 ...

Azure Kubernetes Service (AKS)でクラスタやノードの起動、停止、状態確認のコマンド(PowerShell、Azure CLI)について確認してみました。

Windows Server 2019 DatacenterのAzure 仮想マシンでRAID構成を組んでIOPSの測定までやってみました。IOPSの測定にはDISKSPDを使用し仮想マシンサイズやManaged Disksのディスク ...

Get-AzVMコマンド(Azure PowerShell)を例に入れ子になったAzure VMサイズのプロパティをFormat-Customで表示してみました。Format-TableやFormat-Listを使って実行結果を分かり ...

初めてのLog Analyticsとしてワークスペース作成、VM insightsをサンプルにデータ収集状況を確認、クエリ(KQL)でデータの絞り込み検索等をやって必要な情報を表示までをやってみました。

Azure backup Vaultを利用したAzure Database for PostgreSQLのバックアップとして、Azureリソースへの権限付与、バックアップスケジュール作成、PostgreSQLへでの権限付与設定、バック ...

Azure Database for PostgreSQLでのAzure ADユーザーの管理者設定、A5:SQL Mk-2を使ってAADユーザーでPostgreSQLへログイン、PostgreSQL上でAADユーザー作成までを実施して ...

Azure Backup Vault(バックアップコンテナー)ではAzure Blobコンテナーのバックアップ、リストア機能が提供されています。今回はAzure Backup Vaultの作成、Blobコンテナーのバックアップ設定、ポ ...

Terraformの構成情報を管理するterraform.tfstateを共有環境に配置すると複数ユーザーで共有してTerraformを利用する事が出来ます。今回はterraform.tfstateをAzureストレージに保管する設定 ...

AzureロードバランサーのインバウンドNAT規則を使って、Windows(Azure VM)へのRDPアクセスポート番号を3389から13389に変更してみました。

Azure FilesやBlobストレージを使ったNFS共有が提供されています。今回はNFSv4機能有効化、ストレージアカウントでのファイル共有やBlobストレージコンテナーの作成、Linux(Cent OS)からのマウントまで試して ...

Azure Database for PostgreSQLのリストア方法にはポイントタイムリストア(PITR)とGeoリストアの2パターンあり出来る事が違います。それぞれのパターンで実際にリストア手順を確認してみました。

terraform importコマンドを使ってAzure Portalで作成したリソースグループを情報取得し、terraformで削除までやってみました。

Azure Database for MySQLのレプリケーション機能を使うと読み取り専用のレプリカを使ったバックアップやDRサイトの構築等に利用が出来ます。レプリケーション設定、MySQL上での動作確認、レプリケーション解除によるマ ...

初めてTerraformという事でAzure VMの作成をやってみました。NSG、仮想ネットワーク、パブリックIP、ストレージアカウント、仮想マシンなどのデプロイをTerraform使って試してみました。