Windows 10+Visual Studio Code(VS Code)でGo開発環境を作ってみました。インストールからVS Codeでの拡張機能設定、サンプルプログラム実行まで試してみました。

Azure VMを例にTerraform での変数の扱い方について勉強してみました。インプット変数(Input Variables)、ローカル変数(Local Values)の実際の指定の仕方を簡単に纏めています。

Azure Cloud Shellの設定方法(ストレージアカウントの指定方法)や使い方を纏めています。Cloud Shellを使ったシェルスクリプトの作成実行、Azure CLIやAzure PowerShellを使って仮想マシンの情 ...

Terraform Moduleの使い方を確認する為にAzure仮想マシンを例にTerraform の構成ファイルをモジュール化してみました。モジュール再利用の容易性を確認する為にモジュール化したテンプレートファイルを使って複数の仮想 ...

Wordpress on Azure App Serviceを使うとWordpressのWebサイトを10分ほどでAzure上にデプロイする事が出来ます。デプロイの確認から出来たAzureリソースの設定状態について確認してみました。

Azure PowerShellを使ったリソースロックの設定、取得、変更を確認してみました。ロック設定のスケジュール化したかったのでPowerShell Runbookを使ったリソースロックの再設定も試してみました。

Azure仮想マシンの管理者アカウントを忘れた場合の対処方法について纏めてみました。アカウント名確認、パスワード再設定、管理者アカウントの追加について纏めてみました。

リソースが存在しないAzure MonitorのアラートルールをPowerShellを使って抽出する方法について確認してサンプルを作成してみました。

Azure Bastion(Standard)の作成削除をPowerShellを使ってやってみました。REST API(Logic Apps)を使ってBastionホストの作成削除をスケジュール実行させてみました。

PowerShell使ってアラート処理ルールの作成、有効無効の切り替え、削除までをやってみました。AutomationアカウントでのAz.AlertsManagementモジュールの追加も併せてやってみました。

Azureのマネージドデータベースではストレージサイズの自動拡張が可能です。今回はAzure Database for MySQL(フレキシブルサーバ)を例にストレージサイズが自動拡張をしたことをAzure Monitorを使って検知 ...

Azure Databaseフレキシブルサーバは停止させると課金も停止します。MySQLを例にAutomationアカウントのRunbook(PowerShell)を使ってスケジュール起動停止を試してみました。

Azure VMの拡張機能にあるカスタムスクリプト(Custom Script Extension)を使うとOS上でスクリプトを実行する事が出来ます。この機能を使ってWindowsにIISのインストールをやってみました。

Azure仮想マシンのシリアルコンソールの設定から接続までをWindows( Sever 2022)とLinux(Cent OS 8)それぞれのOSでやってみました。

現在のユーザーIDを確認して特定のユーザーIDだった場合のみコマンドを実行させるようにしてみました。

Azureの仮想マシン起動停止、詳細情報確認やステータス確認(電源状態)までのAzure CLIとPowerShellコマンドを整理してみました。仮想マシンの再デプロイや再適用もやってみました。

サブスクリプションやテナントを指定したサインイン、サブスクリプション確認や切り替えからサインアウトまでのAzure CLIとPowerShellコマンドを整理してみました。

アクティビティログをAzure Monitorログ(Log Analytics)へ転送するとKQLを使った検索や長期保管出来ます。アクティビティログの診断設定を使った転送設定からKQLでの検索までやってみました。

Azure上の仮想マシン起動停止などの操作内容はアクテビティログに出力されます。仮想マシン起動停止時のアクテビティログ確認からAzure Monitorを使った監視設定までやってみました。

 TerraformのAzure認証にAzure マネージドID(Azure managed identity)を使う事が出来ます。

Azure Provider: Authenticating using managed ...

Terraform Multiple providerを使うと複数のAzureサブスクリプションを同時に扱う事が出来ます。今回は2つのAzureサブスクリプションそれぞれにリソースグループを作成してみました。

Terraform メタ引数の中でcountとfor eachを使うと1つのblockの中で複数のリソースを作成する事が出来ます。countとfor eachを使って複数のAzureリソースグループを纏めて作成してみました。

Azure 仮想マシン作成時にカスタムデータ(cloud-init)を使うと同時にOSの設定やパッケージインストール出来ます。Cent OS 8でタイムゾーン、ロケール設定やパッケージアップデート、インストール、自動起動設定をやってみ ...

2021-12-18

Terraform RandomはTerraform上でランダムな値を発生させて扱えるようにさせるプロバイダーです。今回はRandom Providerを使ってランダムな名前を付与したストレージアカウントを作成してみました。

Azure Portalにもプレビュー版があります。プレビュー登録せずに提供されている機能をGUIで操作出来たり、通常版のAzure Portalで不具合がある時に試してみるとうまく行ったりする事があります。今回はプレビュー版と通常版 ...

Azureストレージでファイル共有(Azure Files)のバックアップ、リストアからリソース削除までの一連の流れを確認してみました。Azureストレージでファイル共有(Azure Files)作成、Recovery Service ...

Azureストレージでファイル共有(Azure Files)のバックアップ、リストアからリソース削除までの一連の流れを確認してみました。Azureストレージでファイル共有(Azure Files)作成、Recovery Service ...

Azure Filesでファイル共有(Premium)を作成してIOPS測定してみました。併せてSMBマルチチャネルを利用しての確認もやってみました。

Azure Storageのデータライフサイクル管理を使ってBLOBストレージのアクセス層変更やBLOBコンテナー内のファイル削除のポリシー作成から動作確認をやってみました。

Azureストレージアカウントの同期機能としてオブジェクト レプリケーションがあります。今回は設定からファイルのアップロードをしてファイル同期状態の確認までをやってみました。