Azure Update Management を使うとWindowsだけではなくLinux系でもパッチ適用状況を管理してスケジュール化して適用から再起動を実施する事が出来ます。Automationアカウントの更新プログラムの管理を利 ...

Azure Update Management を利用して仮想マシンのパッチ適用自動化を試してみました。仮想マシン(Virtual Machine)にあるゲスト+ホストの更新プログラムを使った設定やパッチ状況の確認、適用から再起動まで ...

Azure Sentinelのアラート発生時にメール送信をしたり自動でアラートをクローズしてみました。Logic Apps(ロジックアプリ)にあるSentinelのコネクタを使ってアラート検知、条件分岐、メール送信、アラートクローズま ...

Azure上にSSH キーという公開鍵を保管してAzure VM作成時に利用できるサービスがあります。SSHキーを利よする事でパスフレーズ鍵認証でログインするAzure VMを作成してみました。

Azure環境のバックアップとして定期的にARMテンプレートのエクスポートをしたかったので調べてたら、Azure Logic AppsのExport a resource group templateを利用して、リソースグループ単位で ...

Logic Appsを利用したAzure VMの起動停止をやってみました。 Azure Resource ManagerのInvoke resource operationトリガーを使う事でAzureの色々なリソースの操作が出来る為こ ...

App ServiceにHealth Checkというメトリックがあります。これを使うとApp Serviceで利用しているWebサイトの正常性を管理出来ます。今回はApp ServiceのHealth Check設定して実際の動作確 ...

Azureサブスクリプション内のResource Health(リソース正常性)をまとめてメール送信にチャレンジしてみました。Logic Appsを使ってREST APIでリソース正常性取得→JSONからHTMLへの変更→SendGr ...

Azure基盤でのサービス障害で自身のリソースに影響があったのか確認する方法です。サービス正常性(Service Health)からリソース正常性(Resource Health)を確認する方法を確認してみました。

Azure MonitorのメトリックアラートをLogic Appを使ってSlackに通知設定してみました。ロジックアプリの作成、サンプルペイロードを利用したスキーマ設定、Slackへの通知設定、Azure Monitorからの呼び出 ...

2021年1月からAzure Marketplaceで無償版(Free)のSendGridが選択できなくなっているようです。それでもSendGridの無償版を使えないかという事で色々試してみました。SendGridサイトでのアカウント ...

Logic AppsのAzure Monitor Logsコネクタを使い、Log Analyticsクエリでリスト化したものを定期的にメール送信(Send Grid)やSlackへ通知出来ないかやってみました。今回はAzure Bac ...

DatadogのSynthetic Monitoring(ブラウザテスト)を利用するとWebのアクセス監視する事が出来ます。ブラウザのレコーディング機能が実装されておりテストシナリオ作成に一切コーディングする必要はありません。今回はW ...

初めてAzure Kubernetes サービスを触ってみました。公式HPにチュートリアルが用意されているのですが、その為の準備や手順が記載されていないのでチュートリアルをやってもエラー連発で一苦労でした。今回はこのチュートリアルを実 ...

Send Grid(SMTP Relay)を利用してAzure Automationアカウント Runbookからメール送信してみました。今回はAzure VMのステータスを取得しメール送信しています。

Azure Automationアカウントで利用する実行アカウントには証明書(期限1年間)があります。今回は実行アカウントの証明書更新をやってみました。

プロセスやサービス監視を行う為に、Datadog Agentを使ったCent OS 7とWindows Server 2019のプロセスやサービスのステータスをDatadogへ送信設定をやってみました。

Datadog Agentを使ってCent OS 7とWindows Server 2019のOSログをDatadogへの送信設定をやってみました。Datadogでログ監視を行う為にはDatadogへの送信が必須になる為まず転送設定を ...

Azure Network Watcherの接続モニターを使うと各Azure VM間での死活監視が出来ます。Agentの導入から接続モニター、テスト構成等の作成、設定後の確認までやってみました。

Azure Policyを使うとAzure 上での操作を制限する事が出来ます。に許可されている仮想マシン サイズ SKUを使って設定手順を確認してみました。

Azure VM(Windows Server2019)のOSディスクサイズ拡張について、Azure Managed Disksのサイズ変更からOS上でのサイズ変更までの手順を試してます。

Azure VMのWindow ServerをSmall Diskのイメージで作成しました。OSディスクのサイズを小さくする事でManaged Disksのコストを抑えてみました。

Azure App Serviceのアプリケーション設定や接続文字列を利用して、Wordpressの設定情報(wp-config)を変数化してみました。これで環境ごとの設定変更をなくする事が出来ます。

Raspberry Pi(Raspbian)にAzure.Coreモジュールのインストールする場合はPython3である必要があります。PythonのデフォルトをPython3に変更しました。

AzureパブリックIPの正引きと逆引きDNSの設定を試してみました。逆引きの設定はPower ShellでパブリックIPに設定しています。

Raspberry Piで温度測定したデータをAzure IoT Hubで受信しAzure Stream Analytics ジョブを使いPower BIへ送信する手順を纏めてみました。

Raspberry Pi+DHT11で温度測定したデータをPhytonを使ってAzure IoT Hubへ転送してみました。

Azure Database for MySQL flexible serverをPortalを使い構築して作成手順や設定内容を確認してみました。

Azure Resource Moverを使った仮想マシンのリージョン間移動をやってみました。移動準備、依存関係の確認、リソース移動までの手順を試しました。

Azureが提供するSIEMであるSentinelについて、ワークスペース作成、コネクタの接続、分析ルール設定まで試してみました。