Google Chromeの日本語化手順

Others,Windows

Google Chromeの日本語化手順について纏めてみました。

    • 日本語化対象
      • Google Chromeの表示言語
      • Google Chromeの翻訳言語

※仮想マシン(Azure VM)でOSは日本語化されているけど、Google Chromeは日本語化されてなかった場合があったので手順を纏めてみました。

スポンサーリンク

Google Chromeの日本語化手順

Google Chromeのインストール

公式サイトからファイルをダウンロードしてインストールします。

Google chromeダウンロード

表示言語を日本語化

インストール後にGoogle Chromeの表示言語が日本語に設定したつもりでもそうならない場合があります。
Google Chromeの言語設定はSettings(設定)にあるLanguage(言語)にあります。
Preferred languages(優先言語)が表示言語の設定になります。
この設定を変更する事でメニューなどの画面表示を日本語にする事が出来ます。

※ブラウザの再起動が必要です。

表示言語を日本語化
Google ChromeでSettings(設定)を選択します。
設定画面が表示されます。
左側のメニューのLanguage(言語)を選択します。
Preferred languages(優先言語)のAdd languages(言語を追加)を選択します。
多くの言語が表示されるので検索欄にjaと入力し日本語を検索します。
日本語を選択します。
Add(追加)を選択します。
Japanese(日本語)が追加されます。
Japanese(日本語)の右にあるその他の操作を選択します。
Display Google Chrome in this language(この言語が Google Chrome UI の表示に使用されます)にチェックを入れます。
Move to the top(トップに移動)を選択します。

Japaneseが一番上に表示されている事を確認します。
Display Google Chrome in this language(この言語が Google Chrome UI の表示に使用されます)が表示されている事を確認します。

Relaunch(再起動)を選択してブラウザを再起動します。

これで設定は完了です。

設定が完了すると表示言語が日本語になっている事が確認出来ます。

翻訳後の言語を日本語に変更

翻訳言語の設定もLanguage(言語)の設定にあります。
この言語に翻訳(選択範囲をXXXに翻訳)する設定を日本語に変更します。

翻訳言語を日本語化
表示言語を日本語化しても翻訳の設定は変更されません。
別途設定が必要になります。

表示言語と同様に言語(Language)に設定があります。
左側のメニューで言語(Language)を選択します。
Google翻訳(Google Translate)でこの言語に翻訳する(Translate into this language)を日本語(Japanese – 日本語)に変更します。

これで設定は完了です。

翻訳先に言語が日本語に変更されている事を確認出来ます。

OSなど日本語化手順について

OSの日本語化手順についてはこちらに纏めています。
併せて見て頂けると有難いです。

Tera Termのインストールから日本語化文字化け対応まではこちらに纏めています。

スポンサーリンク