Power ShellでAzure Application Gatewayの起動停止

 

Azure Application Gatewayの起動停止を試してみました。

Application Gatewayで403エラーページを更新した際に反映されないという事象があったのですが、Application Gatewayを停止、起動したら改善するんじゃない?という事で確認してみました。

Azure Portal上で確認してみた所Application Gatewayの再起動は出来ませんでした。

そこで調べてみた所、Power Shellで出来そうだったので試してみた所上手く行きました。

今回はPower Shellでの再起動手順を残しておきます。

1 .Azure Application Gatewayの停止、起動を行う

Application Gatewayの再起動はAzure Portalでは出来ない為、Power Shellを使って実施します。

      • 停止時:Stop-AzApplicationGateway 

      • 起動時:Start-AzApplicationGateway

#Application Gateway Restart PowerShell

# APGW Parameter

$ResourceGroupName = “Application Gatewayが所属するリソースグループ名”
$APGWName = “Application Gateway名”
 
$ag = Get-AzApplicationGateway -Name $APGWName -ResourceGroupName $ResourceGroupName

# APGW Stop

Stop-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $ag

# APGW Start

Start-AzApplicationGateway -ApplicationGateway $ag

マイクロソフトサポート様から教えて頂いたコマンドになります。(有難うございました。)

.Azure Application Gateway再起動時の重要な注意点

注意点として再起動後のグローバルIPが変わる事があります。

V1の場合グローバルIPが動的であるため、Application Gateway再起動により、グローバルIPが変わります。3回ほど実施してみましたが、100%変わりました。

対応としてはDNS登録時は、グローバルIPのFQDNをCNAMEで登録する事になります。

これが推奨なので通常はそういう設定されているかと思いますが、自分はIPアドレスをAレコードで登録していた為、接続できなくなり少し焦りました。

もう1点の注意点として、Application Gatewayを停止しても、課金は停止しない事があります。この点も注意が必要です。

.Azure Application Gatewayのエラーページ更新について

今回、Application Gatewayの再起動でエラーページの更新をやったのですが、自分のやり方が間違ってました。

Application Gateway側にカスタムエラーページのキャッシュを持っており、これはカスタムエラーページのファイル名(もしくはパス)を変更して保存しない限り更新されないそうです。(公開情報にも記載がありました。)

Application Gatewayのエラーページの更新について、こちらにも記載しております。

Azure Application Gatewayのエラーページを更新するPower Shell