Azure Automation(Runbook)で平日のみジョブ実行させるスケジュール作成

Automationアカウント,Azure,Runbook

Azure Automationのスケジュール設定を試してみました。
今回はRunbookを朝8時に実行する事を想定してスケジュール作成しています。

    • スケジュール設定パターン
      • 毎日実行する
      • 平日のみ実行する
      • 平日のみ実行する(祝日も考慮してスケジュール作成する)

作成したスケジュールをRunbookと関連付けする事で平日のみAzure VMを自動起動停止させるという事が可能になります。
スケジュールの作成はAzure Portalを利用して実施しています。

スポンサーリンク

Runbookを毎日朝8時に実行する

Runbookのスケジュール設定は2段階

Runbookをスケジュール実行させる為の設定順序は2段階になります。

      • スケジュールを作成する
      • スケジュールをRunbookにリンクする

毎朝8時に実行するスケジュールを作成

毎朝8時に実行するスケジュールを作成します。
Automation アカウントの共有リソースにスケジュールというメニューがあります。
こちらを選択すると下記画面が表示されます。スケジュールの追加を選択します。

新しいスケジュールの作成画面が表示されます。以下の内容で設定し作成を選択します。

      • 名前:毎日朝8時に実行(任意設定)
      • 開始時:10月6日 8:00(開始日を10月6日からと想定)
      • タイムゾーン:Japan
      • 繰り返し:定期的
      • 間隔:1日
      • 有効期限の設定:いいえ 

これでスケジュールの作成は終了です。

Runbookとスケジュールをリンクさせる

スケジュールをRunbookにリンクします。
定期実行するRunbookを選択すると下記画面が表示されますので、スケジュールへのリンクを選択します。

Runbookのスケジュール設定画面が表示されますので、スケジュールを選択します。

スケジュールの画面が表示されますので、先ほど作成したスケジュールを選択します。

 

スケジュールのところに選択したスケジュールが表示される事を確認したらOKを選択します。

これでRunbookへのスケジュール関連付けが完了です。
Runbookがスケジュール時間になると実行されます。

Azure AutomationアカウントでRunbookでのAzure VM再起動(実行時間制限)についてこちらで記載しております。 

 

Azure Automationアカウントで平日朝8時に実行するスケジュールを作成

先ほどと同様に、Automation アカウント メニューのスケジュールで、スケジュールの追加を選択します。

新しいスケジュールの作成画面で以下のように設定します。

      • 名前:平日朝8時に実行(任意設定)
      • 開始時:10月6日 8:00(開始日を10月6日からと想定)
      • タイムゾーン:Japan
      • 繰り返し:定期的
      • 間隔:1週
      • 設定曜日:月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日
      • 有効期限の設定:いいえ

間隔を週間とする事で曜日指定が出来るようになります。
実行する曜日を選択します。
これで特定曜日に実行が可能になります。

Azure Automationで月間スケジュールを作成(平日(祝日除く)の朝8時に実行)

祝日も考慮したスケジュール作成する場合は月間スケジュールを作成します。
祝日と言う項目がない為月間スケジュールで日付を指定します。

新しいスケジュールの作成画面で以下のように設定します。

      • 名前:2020年11月の平日朝8時に実行(任意設定)
      • 開始時:11月1日 8:00
      • タイムゾーン:Japan
      • 繰り返し:定期的
      • 間隔:1月
      • 毎月の特定曜日:月の日付
      • 月の指定した日に実行:カレンダーで実行日を指定(平日を指定(祝日除く))
      • 有効期限の設定:はい (11月30日23:59)

間隔を月とする事で月で実行日指定が出来るようになります。
有効期間を1月分(11月1日~11月30日)実行とする事で11月の平日のみ実行といった設定が出来ます。

※スケジュールは複数関連付ける事が出来ます。11月分、12月分複数のスケジュールを関連付ける事も出来ます。

スポンサーリンク