Azure App Serviceを使ってWordPressを10分でデプロイ

App Service,Azure

Azure App ServiceはPaaSで提供されるWeb アプリケーション ホスティング プラットフォームになります。

App Service の概要

仮想マシンを使用する事なくWebアプリケーションを展開する事が出来ます。
このAzure App Serviceを使ったWordpressのテンプレートがAzureに準備されています。
App ServiceだけではなくAzure Database For MySQLなどの関連リソースも一緒に作成され、Wordpressを10分ほどでAzure上にデプロイする事が出来ます。

今回はこちらを試してみます。

スポンサーリンク

Azure App Serviceを使ってWordpress環境を構築

作業手順

Marketplaceで”Wordpress”と検索してデプロイするだけです。
個別に何かデプロイしておく必要はありません。

今回設定したパラメータ

設定するパラメータも非常にシンプルです。
どこの地域にデプロイにどの位のサイズでデプロイするのか。Azureリソースについてはそれだけです。
後はWordpressの管理者情報だけです。

区分 項目 今回設定した値
App Service関連  リソースグループ名 TEST-AppService-Wordpress
地域(リージョン) Japan East
名前(インタンスの詳細) wordpress-testsite
オペレーティング システム Linux (プレビュー)
ホスティング プラン Standard – 汎用の運用アプリ
コンテンツの配布 CDN エンドポイント
WordPress関連 管理者のメール wordpress-kanrisha@tama-negi.com
管理者ユーザー名 wordpress-kanrisha
管理者パスワード 適時
サイトの言語 日本語

WordPress(App Service)をデプロイ

WordPressをデプロイしてみます。
公式サイトにもデプロイ手順が記載されていますので参考に進めてみます。

WordPressをデプロイ
リソースの作成でWordPressと入力し検索します。

WordPressが表示されます。
作成をクリックします。

作成画面になります。
今回はリソースグループも新規作成します。新規作成を選択します。
リソースグループ名を入力しOKを選択します。

 

インスタンスの詳細設定、WordPressの設定を進めます。
名前はアクセスする際のURLになります。
AdvancedのタブではWordpressの言語とコンテンツキャッシュをどうするかの選択になります。
今回はコンテンツの配布(キャッシュ)はデフォルト設定のCDNエンドポイントとしています。

確認画面が表示されます。
ホスティングプランで指定した設定値に基づきApp Serviceプランとデータベースのサイズが自動的に指定されます。

作成を選択するとリソースが作成されます。

作成されたリソース

作成時の確認画面でも表示されていますが、App Service関連だけのリソースだけではなくその他にもリソースが作成されます。データベースはAzure Database For MySQLが自動的に作成されます。

※作成時に指定したApp Service以外のリソース名はAzure側で自動的に付与されます。

作成されたリソース

作成されたリソース

  • App Service
  • App Serviceプラン
  • CDNプロファイル
  • エンドポイント
  • Azure Database For MySQL

※コンテンツの配布でBlob Storageを選択すると、CDNプロファイル、エンドポイントの代わりにストレージアカウント(Blobコンテナー)が作成されます。
こちらのBlogだとFlexible Serverとの記載がありますが、今回試した際にはSingle Serverとなっていました。

各ホスティングプランで作成されるリソース

ホスティングプランの指定によりデプロイされるリソースが決定されます。

ホスティングプラン App Service Plan Azure Database For MySQL
Basic Basic(B1) 1 Vcores,2GB mem,32GB Storage
Standard PremiumV2(P1V2) 2 Vcores,10GB mem,128GB Storage
Premium PremiumV3(P1V3) 2 Vcores,20GB mem,256GB Storage

デプロイされたWordpress on Azure App Serviceを確認

ブラウザでアクセスして確認

ブラウザで作成されたWordpressへアクセスしてみます。

ブラウザアクセス
アクセス先のURLはApp ServiceのURLになります。

先ほど確認したURLでアクセスするとトップページが表示されます。

※Azure上でのデプロイ完了から数分待つ必要があります。

デプロイ時に設定したアカウントパスワードでWordpressの管理者画面にログインする事が出来ます。

App Serviceで構成を確認

作成されたApp Serviceリソースについて確認してみます。

App Service構成
構成を確認するとアプリケーション設定に各変数が設定されている事が分かります。
リソースメニューでスケールアップを選択し価格レベルを確認するとP1V2が選択されている事が分かります。

リソースメニューでスケールアウトを選択しインスタンス数を確認すると1になっている事が分かります。

リソースメニューでネットワークを選択し確認するとネットワーク設定はすべてオフになっている事が分かります。

初期設定ではすべてのグローバルIPからアクセス可能な状態となっている為注意が必要な事が分かります。

CDNプロファイルを確認

作成されたCDNプロファイルリソースについて確認してみます。

CDNプロファイル
エンドポイントが構成されている事が分かります。

Azure Database For MySQLを確認

作成されたAzure Database For MySQLリソースについて確認してみます。

Azure Database For MySQL
価格レベルのリソースメニューで確認してみると汎用目的(2vCore、128GBストレージ)で作成されている事が分かります。

ネットワークのリソースメニューでファイアウォール設定を確認します。

パブリックネットワークアクセスの拒否が”いいえ”となっています。またファイアウォール規則のAllowAllですべてのIPからのアクセスが許可されています。

初期設定ではすべてのグローバルIPからアクセス可能な状態となっている為注意が必要な事が分かります。

最後に

とても簡単にAzure上にWordpressをデプロイする事が出来ました。
App Serviceを使っているのでカスタムドメインの利用やHTTPS化も非常に簡単に出来ます。

WordPressの変数も自動的に設定されており、もし1から自分で作成する場合にもこの設定を参考にする事が出来るなぁと思いました。
セキュリティ的に色々調整が必要な部分もあるかと思いますが、短時間で簡単にデプロイ出来るのは便利かと思いました。

App Serviceでのカスタムドメイン使用についてはこちらでやっています。併せて見て頂けると大変有難いです。