Azure Front Doorのキャッシュ期間が指定出来るようになったようです

 

Azure Froot Doorのキャッシュ期間が指定できるようになったようです。

下記マイクロソフト様サイトに記載がある通り、今まではランダムとなり指定できませんでした。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/frontdoor/front-door-caching

しかし、本日(2020年5月2日)にAzure Portal上で確認した所、キャッシュ期間という項目が追加になっていました。

いつの間にという感じなのですが、キャッシュ期間は最大365日を超える事が出来ませんとの記載がありましたので、最大1年という事のようです。(実際に入力時点の最大値は365日まででした。)

実際に設定してみた所、x-cache: TCP-HITとなったのでキャッシュ自体は有効になっているのが確認できたのですが、設定時間を経過しても同じ結果だったので、期間が有効な状況なのかはもう少し確認が必要でした。

※Front Doorデザイナー>ルーティング規則でキャッシュを有効化にするとこのメニューが表示されます。