Azure Database for MariaDBに接続してみた

 

Azure Database for MariaDBへの接続を試してみました。

Azure Database for MariaDBへの接続には、MySQL Workbenchを利用しています。

大きな作業手順としては、以下の通りになります。

1)Azure Database for MariaDBでクライアントから接続許可設定を行う。

2)MySQL Workbenchで、Azure Database for MariaDBへの接続用の設定を行う。

3)MySQL WorkbenchでSSL接続用の設定を行う。

Azure Database for MariaDBの作成はこちらの記事を参考頂ければと。

Azure Database for MariaDBを作ってみた

1 .Azure Database for MariaDBで接続のセキュリティ設定

デプロイ直後は、ネットワークの接続が許可されていません。

最初に接続のセキュリティでクライアントIPの許可設定を行います。

1)Azure Database for MariaDBのメニューで接続のセキュリティを選択します。

2)クライアントIPの追加を選択します。選択すると現在アクセス中のグローバルIPからのアクセス許可が追加されますので保存します。(今回はテスト接続なので、アクセス中のIPのみ許可しています。)

これでアクセス許可の設定は完了です。

※接続元にIPは環境に合わせて設定下さい。

2 .MySQL WorkbenchでAzure Database for MariaDBへの接続設定を

マイクロソフト様のサイトに詳細な解説がありますので、こちらを参考に進めます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/mariadb/connect-workbench

※今回はMySQL Workbenchはインストール済みである前提とします。

1)MySQL Workbenchを起動します。

2)MySQL Connectionsの横にある、+ボタンをクリックし新規コネクションを追加します。

3)選択すると下記画面が表示されますので、Connection Name、ホスト名、UserNameを入力します。

なお、ホスト名、UserNameについては、Azure Database for MariaDBのメニュープロパティにサーバ名、サーバ管理者ログイン名の記載がありますので、こちらを選択します。

入力が完了したら、OKで保存します。

※SSLの設定が終わってから接続確認しますので、今回はそのまま保存します。

3.MySQL WorkbenchでSSL接続設定

こちらについても、マイクロソフト様のサイトに詳細な解説があります。こちらを参考に進めます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/mysql/howto-configure-ssl

なお、前回作成時に、SSL強制を有効にしていますので、その手順は今回飛ばしてます。

1)マイクロソフト様のサイトから、SSL接続に必要な証明書をダウンロードします。

証明書のダウンロードは下記サイトから実施します。(保存時のファイル名はBaltimoreCyberTrustRoot.crt.pemとします。)

https://www.digicert.com/CACerts/BaltimoreCyberTrustRoot.crt.pem

2)先ほど作成したMySQL Workbenchのコネクションを選択し、右クリックをするとEdit Connectionという項目が表示されますので、こちらを選択しますj。

3)設定画面が表示されますので、SSLのタブを選択します。

4)下記画面が表示されますので、以下の通り選択し、OKを押します。

      • Use SSLはRequireを選択します。
      • SSL CA Fileで先ほどダウンロードしたファイル(BaltimoreCyberTrustRoot.crt.pem)を選択する。

4.MySQL Workbenchを使ってAzure Database for MariaDBへ接続(SSL利用)

最後に接続確認を行います。

1)MySQL Workbenchで先ほど作成したコネクション設定をダブルクリックします。

2)パスワード画面が表示されますので、入力しOKをクリックします。

3)無事接続が完了すると、下記画面が表示されます。

※途中でWarnning等が表示される場合がありますが、そのまま進めばOKなようです。